5008
5008

SUV PEUGEOT 5008

¥4,217,000 (税込) ~

3件のレビュー

TECHNOLOGY

※掲載写真は一部日本仕様と異なる場合があります。

SENSATIONAL COCKPIT

5008

そこには、あなたの経験値をはるかに超えた刺激と高揚が待っている。
美しく張りつめた空気感を醸し出す新世代のプジョーi-Cockpit 。ドライバーズシートに座り、それぞれのコンポーネントを見渡し、触れれば、カーエンジニアリングの最新の成果を体験できるだろう。
informative(豊富な情報)、innovative(革新性)、intuitive(直感的操作)…、運転感覚の常識を超えるために、i-Cockpit は自らを超えていく。

デジタルヘッドアップインストルメントパネル

デジタルヘッドアップインストルメントパネル

見やすい12.3インチ大型ディスプレイは、躍動感に満ちた美しいデジタルグラフィックスで、多彩な情報をわかりやすく表示します。表示コンテンツは、標準的なメーターディスプレイモードから表示情報をカスタマイズできるパーソナルモードまで、4つのモードから自由に選べます。
まるでそれ自体がひとつのエンターテインメントのように、ドライビングに新しい楽しさをもたらす新時代のインストルメントパネルです。

8インチタッチスクリーン

NEW 8インチタッチスクリーン

ダッシュボード中央に設置し、視認性・操作性を高めた大型タッチスクリーンには、多彩な情報表示と操作機能を集約。指先ひとつでスマートフォンのように操作できます。
わかりやすく洗練されたデジタルグラフィックス、鮮明な画質により、直感的な操作性はさらに高められています。

1.6ℓ PureTechツインスクロールターボエンジン

engine

軽量コンパクトで、優れた燃費性能を持ちながら、自然吸気2.0ℓクラスのエンジンを凌ぐパワーとトルクを誇るプジョーの中核を成す1.6ℓガソリンターボエンジン。燃料を直接シリンダー内に噴射し燃焼効率を高めるダイレクトインジェクション、すべての回転域で効率の良い過給を行うツインスクロールターボチャージャーなど、数々の先進テクノロジーを搭載。新たに施されたチューニングにより、出力、トルクともにアップし、最高出力133kW(180ps)/5,500rpm、最大トルク250Nm/1,650rpm を発揮します。また、ガソリン専用微粒子フィルターGPFを採用しクリーン性能も向上しました。

2.0ℓ BlueHDi クリーンディーゼルエンジン

DYNAMIC PERFORMANCE

ディーゼルエンジンを作りつづけてきた長い経験と技術、そして革新的なクリーンテクノロジーの融合、それがBlueHDiです。エンジンの基本構造は、コモンレール式高圧直噴システムを持つ2.0ℓ 4気筒DOHCターボディーゼル。16.7という高圧縮比のシリンダー内に、コモンレールを介して2,000バールの高圧燃料を直接噴射、可変ジオメトリーターボチャージャーの効果も併せて、最高出力130kW(177ps) / 3,750rpm、最大トルク400Nm/2,000rpmという強力なパワースペックを誇っています。特にその強力なトルクは、積載能力の高い5008でさえ軽快に駆動し、さらには優れた加速性能も実現。ドライビングプレジャーにおいて飛躍的な進化をもたらしています。また同レベルの性能のガソリンエンジンに比べCO2排出量、燃料消費量とも優れた環境性能を誇り、JC08モード*17.8km/ℓという良好な燃費を達成しています。

*国土交通省審査値

次世代オートマチック・トランスミッション EAT8*

gearbox
新世代の6速オートマチックEAT6

新設計による軽量コンパクト化とシフトバイワイヤ技術により運転支援機能を進化させた最新世代の8速オートマチックトランスミッション、EAT8を新たに採用。電子制御化され向上したシフトクオリティ、ワイドでクロースしたギアレシオが、全速度域に渡りエンジンのパフォーマンスを最大限に引き出します。また、車両重量の増加を防ぐため、ギアの小型化、オイルポンプの小径化などを徹底し、従来の6速オートマチックトランスミッション同等の重量を維持し、燃費の向上に貢献。アクセルオフ時にクラッチを切るフリーホイール制御を備えたECOモードを選択すれば、さらに優れた燃費をもたらします。

*8速エフィシェント・オートマチック・トランスミッション

アドバンスドグリップコントロール

ADVANCED GRIP CONTROL
ADVANCED GRIP CONTROL

道さえあれば、どこへでも行ける。5008の優れた走破性を生み出すのがアドバンスドグリップコントロールとマッド&スノータイヤのコンビネーション*だ。重量増加とハイコストを強いられる4WDではなく、トラクションコントロールをベースにプログラミングされた最新のシステム。スノー、サンド、マッドなど5つのモードが選択可能で、路面状況に応じて駆動輪を最適に制御する。さらに急斜面の下り坂でも走行安定性を保つヒルディセントコントロールも装備。
道は続く、まるで人生のように。時として遭遇する逆境さえも、このクルマは顔色ひとつ変えずに泰然と駆け抜ける。

GT Line BlueHDi、GT BlueHDiに標準装備

先進のプラットフォームEMP2*

先進のプラットフォームEMP2

アルミニウムや超高張力鋼板を採用した最新のプラットフォームEMP2は、強度を高めながら、大幅な軽量化を実現。その効果は、5008に優れた加速性、俊敏性、ハンドリング性能をもたらすとともに、燃費や空力特性の向上、CO2の低減にも貢献。同時に、ロングホイールベース化による室内空間のゆとりや静粛性の向上など、多大な効果を生みだしています。

*エフィシェント・モジュラー・プラットフォーム2

パークアシスト*

車庫入れや縦列駐車の際に、駐車可能なスペースを検知し、そのステアリング操作を自動で行います。ドライバーは、シフトチェンジとアクセル・ブレーキ操作だけで駐車ができるので、運転操作の負担が軽減されます。縦列駐車からの発進、車庫入れのパターンは、タッチスクリーンで選択します。

* オプション設定(ファーストクラスパッケージ)

※すべての操作をクルマが自動で行うわけではありません。運転する方は常に十分な安全確認を行い、状況に応じて駐車プロセスを中断するなどの判断が必要です。

ワイドバックアイカメラ/ サイドカメラ/ フロントカメラ(オプション)

バックする際に車両後方の状況をタッチスクリーンに映し出します。距離や角度が認識できるガイドラインと俯瞰映像により、停車状況が正確に把握できます。オプションのファーストクラスパッケージでは、フロントカメラの追加により、さらに精度の高い俯瞰映像をもたらします。映像の切り換えによって、フロント左右の状況もワイドに確認できます。またドアミラーに取り付けたカメラによって、左ドアミラー周辺の死角となるエリアの映像をルームミラーに表示。ダッシュボードのスイッチで、表示/非表示が選択できます。