プジョーとスポーツ

36_1210x370

プジョーは創業以来、さまざまなスポーツと関わりあってきました。世界初のモータースポーツレース(1894年)で勝利を収めたのもプジョーです。スポーツへの情熱はいつもプジョーの精神の中に宿っています。


モータースポーツ

モータースポーツ

プジョーは古くからモータースポーツに深く関わっており、1894年に行われた世界初の自動車レース「パリ~ルーアン・レース」参戦以降ラリー、耐久レース、そしてF-1にいたるまで、そのどれもが「プジョー=スポーティ」というブランドコンセプトの下に、あらゆる種類のレースに参加しています。古くはインディアナポリス500マイルレースやサファリラリー、近年ではWRC(世界ラリー選手権)やパリ・ダカール・ラリーやルマン24時間レースなど、プジョーは常に様々なモータースポーツにおいて輝かしい戦績を残してきました。

2008 DKR UNCHAINED

テニス

テニス

プジョーは、世界四大テニストーナメントのひとつである、全仏オープンテニストーナメント(通称:ローランギャロス)のオフィシャルトランスポーターとして1984年から長きにわたって、大会のサポートを行っています。

スポーツ用品ブランド「HEAD」とのスポンサーシップを締結

スポンサーシップ:スポーツ用品ブランド「HEAD」

プジョーは、HEAD Japan株式会社と、2011年4月より相互パートナーシップを締結。プジョー3008、308シリーズ、RCZの合計5台を貸し出し、ラケットスポーツおよびウィンタースポーツにおけるイメージ浸透を目的にした活動をサポートしています。

HEAD Japanは、世界中のトップアスリートから高い信頼を得ているHEAD並びにTYROLIAウインタースポーツ用品とHEADラケットスポーツ用品ビジネスを日本で幅広く展開しております。

Head Japanサイトはこちら


ゴルフ

ゴルフ

プジョーとゴルフの歴史は1929年、ジャン=ピエール・プジョーがゴルフ場をオープンした年に遡ります。それ以来、プジョーはエレガンス、精密性、セルフコントロール、環境への配慮などのプジョー・ブランドとの共通点を持つゴルフに協賛してきました。

プジョーとゴルフの歴史
1929年 ジャン=ピエール・プジョーがゴルフ場オープン
1984年 PEUGEOT Classic 初開催
1984~98年 プジョーフランスオープン開催
1985年 PEUGEOT Challenge Cup 初開催
2000~2003年 ランコムトロフィーのオフィシャルパートナー
2004~2009年 PEUGEOT International Pro-AM 開催
2009年 PEUGEOT Challenge Cup 日本初開催
2010年 PEUGEOT RCZ CUP 日本大会開催
2012年 Tポイントレディス ゴルフトーナメントにプジョーが協賛
2012年 西陣レディスクラシックにプジョーが協賛
2013年 Tポイントレディス ゴルフトーナメントにプジョーが協賛

ラグビー

ラグビー

スポーツとの深いかかわりを持つプジョーは1970年代から、モータースポーツの世界だけでなく、テニスやゴルフ、サッカーなど、数多くのスポーツを応援しつづけています。「ラグビー」もそのひとつ。フランス・トゥールーズに本拠地を置く強豪ラグビーチームのオフィシャルスポンサーや、若きラガーたちのための大会「プジョー・キッズカップ」の開催、そしてフランス以外でもアルゼンチンやイギリスのラグビーチームやクラブをサポートしています。 2007年には、フランスで開催された「ラグビー・ワールドカップ2007」のオフィシャルスポンサーとして、全世界で40億人とも言われるラグビーファンへ向けてプジョーのスポーツマインドを広く伝えることとなりました。