3008 GT

NEW SUV PEUGEOT 3008 GT BlueHDi

¥4,260,000 (税込) ~

TECHNOLOGY

※掲載写真は一部日本仕様と異なる場合があります。
※2017年夏期以降デリバリー予定

SENSATIONAL COCKPIT

SENSATIONAL COCKPIT

そこには、あなたの経験値をはるかに超えた刺激と高揚が待っている。
美しく張りつめた空気感を醸し出す新世代のi-Cockpit。ドライバーズシートに座り、それぞれのコンポーネントを見渡し、触れれば、カーエンジニアリングの最新の成果を体験できるだろう。
informative(豊富な情報)、innovative(革新性)、intuitive(直感的操作)…、運転感覚の常識を超えるために、i-Cockpit は自らを超えていく。

※仕様は導入車両とは一部異なります。 ※ナビ画面はハメコミ合成です。

images

i-Cockpitは4つのコンポーネントで構成される。俊敏で直感的なステアリングフィールを生む小径スポーツステアリングホイール。その上部には、美しいグラフィックを持つ12.3インチデジタルヘッドアップインストルメントパネルが前方視界と連なるようにレイアウトされた。この新しいインターフェイスは、カスタマイズによってドライバーが求める多彩な情報を映し出す。また8インチタッチスクリーンは、五感体験を操作する新機能も加わり、直感性、快適性、操作性すべての要素で格段の進化を遂げている。そして、軽快な操作感が特長の新世代のシフトレバー、エレクトリックオートマチックシフトコントロール。センターコンソール上にはエアコンやナビゲーションなど、基本機能にアクセスするトグルスイッチが整然とレイアウトされている。

デジタルヘッドアップインストルメントパネル

image

見やすい12.3インチ大型ディスプレイは、躍動感に満ちた美しいデジタルグラフィックスで、多彩な情報をわかりやすく表示します。表示コンテンツは、標準的なメーターディスプレイモードから表示情報をカスタマイズできるパーソナルモードまで、4つのモードから自由に選べます。
まるでそれ自体がひとつのエンターテインメントのように、ドライビングに新しい楽しさをもたらす新時代のインストルメントパネルです。

NEW 8インチタッチスクリーン

image

ダッシュボード中央に設置し、視認性・操作性を高めた大型タッチスクリーンには、多彩な情報表示と操作機能を集約。指先ひとつでスマートフォンのように操作できます。わかりやすく洗練されたデジタルグラフィックス、鮮明な画質により、直感的な操作性はさらに高められています。
また、i-Cockpit Amplify(アンプリファイ)などの新機能も加わりました。

2.0L BlueHDi 180ps CLEAN DIESEL ENGINE

2.0L BlueHDi 180ps CLEAN DIESEL ENGINE
2.0L BlueHDi 180ps CLEAN DIESEL ENGINE

パワーと優れた環境性能を併せ持つクリーンディーゼルエンジン2.0L 180ps BlueHDi。
最高出力133kW(180ps)/3,750rpm、最大トルク400Nm/2,000rpmという強力なパワースペックを誇っています。特に低回転域から立ち上がり、広い回転域で持続するそのトルク特性は、EAT6との組み合わせでダイナミックな加速性能を実現。また同レベルの性能のガソリンエンジンに比べCO2 排出量、燃料消費量とも優れた環境性能を誇り、エコカー減税対象となっています。
またJC08モード18.7km/Lという良好な燃費を達成しています。

新世代の6速オートマチックEAT6

image
image

1.6ℓターボエンジンとベストマッチを誇るEAT6(6速エフィシェント・オートマチック・トランスミッション)を搭載。ギヤレシオをハイギヤード化することで同一速度域でのエンジン回転を下げて燃費や静粛性を向上。さらにロックアップ領域を拡大し、トルクコンバーターのスリップロスを低減させています。また、ミッション全体のフリクションロスもさらに低減。エネルギー伝達効率では熟練ドライバーが操作するマニュアルトランスミッションにも匹敵すると言われます。さらに燃費に貢献するニュートラルコントロール機構、クイックなシフトチェンジを楽しめるパドルシフトも採用しています。

先進のプラットフォームEMP2*

image

アルミニウムや超高張力鋼板を採用した最新のプラットフォームEMP2は、強度を高めながら、大幅な軽量化を実現。その効果は、NEW3008に優れた加速性、俊敏性、ハンドリング性能をもたらすとともに、燃費や空力特性の向上、CO2 の低減にも貢献。同時に、ロングホイールベース化による室内空間のゆとりや静粛性の向上など、多大な効果を生みだしています。
*エフィシェント・モジュラー・プラットフォーム2