先進のパワートレイン

EFFICIENT GEARBOXES AND ENGINES

先進のパワートレイン

自動車メーカーであるプジョーにとって、環境保護への取り組みは最優先事項です。とはいえ、ドライビングプレジャーを犠牲にすることは決してありません。
そこでプジョーのエンジニアとデザイナーは、燃費効率を向上させる、こんなソリューションを開発しました。

※掲載写真は一部日本仕様と異なる場合があります。

PureTechエンジン

PureTechエンジン

1.2L PureTechターボエンジンは、インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー2018の1.0~1.4L部門で4年連続の最優秀賞に選ばれました。
世界30か国以上のモータージャーナリストの投票によって選出される権威ある賞です。授賞理由は優れた効率性が生み出す低燃費とCO2排出量削減性能。プジョーの次世代に向けたテクノロジーが6速EATとの組み合わせで再び最高の評価を獲得しました。

最高出力96kW(130ps)/5,500rpm、最大トルク230Nm/1,750rpm。小排気量ながら200バールの高圧燃料噴射システムによって極めて高い燃焼効率を実現。1,750rpmという低回転域から、1.6ℓの自然吸気エンジンをも上回る強大なトルクを発生。同時に優れた燃費性能も併せ持っています。

BlueHDiエンジン

PEUGEOT_DIESEL_2015_2機並び_160707

クラストップレベルの燃費性能と動力性能のベストバランス - 1.6ℓ BlueHDi 120ps

排気量1,560ccの4気筒SOHCターボディーゼルエンジン。17.0という高い圧縮比に加え、エンジン内部のフリクションロスを徹底的に削減。エンジン重量もシリンダーヘッドやブロックを総アルミ製にすることなどによって4.0kg軽量化され、きわめて高い効率性を実現しました。同エンジン搭載のプジョー308Allure BlueHDiの燃費は21.0km/ℓ*。これは同クラスではトップクラスの数値となっています。さらに、6速AT、EAT6と組み合わされることによって、低燃費、高トルクと最高のドライビングプレジャーを生み出します。

*JC08モード(国土交通省審査値)
*燃料消費率は定められた試験条件の値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。

w031_2

ラインナップ最強のパワースペック - 2.0ℓ BlueHDi 180ps

低回転域から400Nmという圧倒的なトルクを生み出す1,997cc4気筒DOHCターボディーゼルエンジンです。可変ジオメトリーターボチャージャーは、優れたアクセルレスポンスを発揮すると同時に、きわめて広い回転域で高トルクを保ち続け、ダイナミックなスポーツ性能を発揮します。同エンジン搭載のプジョー508GTの最高速度は230km/h、0~100km/h加速は8.5秒*。さらに振動を打ち消すためのバランサーシャフトも備え、高いレベルの静粛性も実現しています。508 GTに加え、308GTなどスポーティモデルを中心に搭載されます。さらに、6速AT、EAT6との組み合わせで、低燃費、高トルクというBlueHDiの特性が際立ち、ドライバーに非常に快適な運転体験をもたらします。

*メーカー公表値

オートマチック・トランスミッションEAT6

/image/94/7/eat6_1408tech001bis.9947.jpg
/image/94/8/308sw_1401pc066.9948.jpg

実績と信頼性を積み重ねてきた6速ATは308への搭載にあたり、さらなる改良が施されました。内部の摩擦ロスの低減、ロックアップ領域の拡大、さらにボディの軽量化とエンジントルクの増大によってハイギアード化が可能になり、燃費を大きく向上させています。

※6速EAT:6速エフィシェント・オートマチック・トランスミッション

ストップ&スタート

信号待ちなどでエンジンを自動的に停止、再始動するストップ&スタートシステムを装備。不要なアイドリングを抑制し、燃費向上に大きく貢献しています。また、ダッシュボードに備えられたECOスイッチによってONとOFFを任意に切り替えることができます。

EMP2 プラットフォーム

EMP2 PLATFORM

プジョー最新のプラットフォームEMP2*は、強度が求められる部位には超高張力鋼板を、それ以外の部位には軽い複合素材やアルミニウムを使用することで、強度を高めながら大幅な軽量化を実現。
軽量化は優れた加速性能やハンドリング性能に加え、燃費や空力特性の向上、CO2の低減にも貢献しています。
また、ロングホイールベース化によって室内空間のゆとりや静粛性も向上させているほか、プラットフォーム本体と他のコンポーネントのレイアウトや組み立てを最適化することで車両の重心が低められており、走行中のスタビリティも大きく向上させています。

*エフィシェント・モジュラー・プラットフォーム2