コンフォートテクノロジー

/image/39/1/peugeot-3008-2016-892-fr.327391.jpg

プジョーならではのドライビング・コンフォートをお届けするための、数々のテクノロジーをご紹介します。
※掲載写真、動画は一部日本仕様と異なる場合があります。

ヒルスタートアシスタンス

誰もがスムーズに坂道発進ができるようアシストする機能です。3%以上の勾配がある坂道でブレーキペダルから足を離した後も約2秒間制動力が維持されるため、ドライバーは余裕を持ってブレーキからアクセルにペダルを踏み変えることができます。

ワイドバックアイカメラ

バックする際に車両後方の状況をタッチスクリーンに映し出します。距離や角度が認識できるガイドラインと俯瞰映像により、停車状況が正確に把握できます。また映像の切り換えによって、左右のリアサイドビューの状況もワイドに確認できます。

i

ハンズフリー電動テールゲート

両手に荷物を抱えていてもリアバンパーの下で足を少し動かせば、設置されたセンサーがそれを検知してテールゲートが自動的に開閉するユニークな仕組みです。テールゲート、ダッシュボード、スマートキーのボタンでの開閉も可能で、さまざまなシーンで高い利便性をもたらします。

/image/39/2/peugeot-3008-2016-263-uk.327392.jpg

パークアシスト

車庫入れや縦列駐車の際に、駐車可能なスペースを検知し、そのステアリング操作を自動で行います。ドライバーは、シフトチェンジとアクセル・ブレーキ操作だけで駐車ができるので、運転操作の負担が軽減されます。縦列駐車、縦列駐車からの発進、車庫入れのパターンは、タッチスクリーンで選択します。

※すべての操作をクルマが自動で行うわけではありません。ドライバーは常に十分な安全確認を行い、状況に応じて駐車プロセスを中断するなどの判断が必要です。

i

インテリジェントハイビーム

フロントウィンドウに設置された小型カメラで前方の状況を分析。対向車や前方車両を感知した場合は、ハイビームとロービームを自動で切り換えて、最適な前方視界を確保。他車を眩惑することなく、夜間走行の安全性を高めます。

i

スピードリミットインフォメーション

走行中、車載カメラが道路標識の制限速度を認識して、ヘッドアップインストルメントパネルに表示。ドライバーが見落としがちな表示を認識することができます。

i