プジョー製品の多様化

/image/97/8/402-0501ab002.152183.326978.jpg

プジョー製品の多様化

最初期の頃からプジョーは製品の多様化を進め、産業界での競争力を常に保ってきました。その戦略は、いつも時代や環境のニーズに寄り添うものでした。

1824

初めての新事業

/image/74/0/illus-1824-diversification.153444.408740.png

もともと製粉業を営んでいた創業者のプジョー兄弟は、様々な産業向けの鉄製道具の製造を始めました。

1840

コーヒーミルの製造

/image/73/9/c5-moulin-a-cafe.153442.408739.jpg

家庭用、業務用のコーヒーミルの製造を開始しました。ライセンスはすでに譲渡していますが、コーヒーミルは今も当時の仕組みのまま製造されています。

1852

スチール製クリノリンの製造

/image/74/2/crinoline-resize.159270.159270.408742.jpg

壊れやすい籐製クリノリンの代わりに、8.5トンのスチール製クリノリンを毎月生産していました。

1933

電気工具

/image/73/8/c5-lustreuse-00021.153440.408738.jpg

電気工具の製造は、1986年まで行われていました。

2012

プジョー・デザイン・ラボの開設

/image/74/1/illus-2012-diversification.153448.408741.png

自動車以外のデザインを手がけるスタジオをオープンしました。