プジョーエンブレム

プジョーエンブレムの進化

プジョーのロゴとその歴史

 

プジョーエンブレムの進化

プジョーを象徴するアイコン、ライオンエンブレム。その長い歴史の中で、幾度となく変化を重ねてきました。

1905

プジョー車のエンブレムを考案

ライオン・ブジョー社ブランドの車のグリルには、矢の上を歩くライオンが飾られていました。その後数年間は、バイクや工具類にもこのモチーフのバリエーションが使われました。

1923

ライオンのモチーフが大人気に

プジョー車のオーナーたちは、ラジエーター・キャップを彫刻家ルネ・ボーディションが彫ったライオンのマスコットで飾りました。

1933

ライオン、プジョー車のフロントグリルに君臨

この当時、すべてのプジョー車のフロントグリルに、ライオンの頭部があしらわれています。1935年にこのデザインは、「ソショー・ロケット」ラインの登場と共に変更されました。

1948

203が、フランシュ=コンテ州紋章のライオンをエンブレムに採用

雌ライオンが、203のボンネットを飾ります。このモデルには、フランス フランシュ=コンテ州の紋章にちなんだ新しいエンブレムが採用されました。

1955

フランシュ=コンテ州紋章のライオン、403も飾る

安全面を考慮し、1958年9月以降203と204のボンネットへのライオン頭部の装着が廃止されました。

1960

たてがみを風になびかせたライオン

「PEUGEOT」の文字を配し、たてがみを風になびかせたライオンのエンブレムが、404で初お目見え。グリル中央部分に配置されました。

1968

ライオン、これまでの殻を破るデザインに

今までにないモダン感覚の意匠。薄型で、ゴールド、またはクロームメッキのライオンが、504に新登場します。

1975

「ライオン・アウトライン」

伝統のライオンが、今度は線を強調したデザインで登場。輪郭のみでデザインされたエンブレムは「ライオン・アウトライン」として親しまれました。

1998

現代的なデザインに生まれ変わったライオン

クロームで仕上げられたこのエンブレムは、素材の持ち味を活かして、より重厚感のある印象を伝えています。

2010

現在のライオンエンブレム

これまで以上にダイナミックでしなやかなライオンに、2種類のメタリック加工を施しています。細部の仕上げに艶出し加工を使い、艶消し部分とのコントラストを出しています。